スポンサーリンク

ガイアの夜明け:農業革命を見た感想

知識

ガイアの夜明け:農業革命を見た感想

 

2018/11/27に放送されたガイアの夜明けで野菜革命と銘打たれ、株式会社グリーンリバーの取り組みが特集されていました。

 

「災害に強く」て、「作物の安定供給」が可能。

さらに、消費者には「安い野菜」を提供できて、「誰でも簡単に稼げる」「かっこいい農業」

という触れ込みで紹介されていました。

今回は番組を見て思ったことを書いて行こうと思います。

特集の概要

見ていない方のために簡単に特集の内容を説明します。

誰が特集されていた?

今回特集されていた企業は株式会社グリーンリバーのグループ会社である、グリーンラボ株式会社

親会社のグリーンリバー自体は太陽光発電所の建設を主な事業内容としている会社のようです。

本社は福岡にあり、東京にも支所をもつ企業さん。

 

で、その親会社の理念と強みを引き継いでハウス栽培の農業を行っているのがグリーンラボ株式会社という感じです。

 

取り組みの内容は?

グリーンラボではハウスの中で水耕栽培によってトマトなどの生産を行っています。

生産品目の一つにバジルがあるのですが、なんとバジルを栽培する水耕栽培のハウスごと人に売り、買った人にバジルの収穫をやってもらうという取り組みが紹介されていました。

 

細かいことをざっくりいうと、

  • 生産にかかわる主な管理はグリーンラボ側が行う。
  • なので買った側はあくまで収穫作業だけ行えばOK。
  • バジルの収穫作業自体は誰でも簡単にできる作業で、特別な技術や知識は不要。
  • 収穫したバジルはグリーンリバー側が全量買い取るので売り先の心配も不要。
  • 初期導入費用は4500万円!
  • だけど普通に出荷できれば5年で元が取れる計算。
  • 5年目以降は儲かる一方。

 

といった感じ。

水耕栽培なので「災害に強く」て、「作物の安定供給」が可能。

相場の影響を受けないので「安い野菜」を提供できる。

さらに買った側は収穫作業だけすればいいので、「誰でも簡単に稼げる」

 

これが新しい農業の形。

「かっこいい農業」なんだと言う内容でした。

 

もちろん良いことだらけではなく。。。

 

ホントにそんな簡単に農業で稼げるの?

 

もちろんトラブルはあります。

番組内ではチャホコリダニというダニによってハウス内のほとんどのバジルが収穫不可能になってしまった様子が放送されていました。

 

もちろん買った側の企業はお怒りでしたが、グリーンリバー社員の懸命な対応で、そのハウスは復活し再発防止策も施されていました。

 

思ったこと

放送を見て「すごいなあ!めっちゃヤリ手だ!」と思いながらも、どこかモヤモヤした気持ちになりました。

まあ「良いじゃん!」と思う点もあれば、「どうなのそれ?」と思うところもあったってことです。

「良いじゃん!」と思った点

  • 水耕栽培で品質の良いものを安定的に安く提供すること。
  • 誰でも簡単に農業にチャレンジできるところ。
  • 縦の空間をうまく利用できているところ。
  • 太陽光発電等の再生可能なエネルギーを使用しているところ。

 

僕は露地栽培しかやったことないので、水耕栽培のことは詳しくないのですが、品質の良いものを自然環境の影響を受けずに安定的に出荷できるということはとっても素晴らしいと思います。

 

今はまだ運用コスト面などの課題がある水耕栽培ですが、安く運用できるようになれば露地野菜(特に葉物)は淘汰されてしまうのでは?とさえ思います。

 

また農業の門戸を広げてくれているのもとてもありがたいです。

色んな人が農業に興味を持ってくれるような取り組みだと思いました。

 

「どうなのそれ?」と思った点

  • 管理、運用はすべてグリーンリバーが行うところ。
  • 出荷物は全量グリーンリバーが買い取り。
  • 「簡単に」という触れ込み。

 

たしかに新しい形の農業だし、スタイリッシュでカッコいいと感じる部分もあるんですが、、、

農業のカッコよさってそういうところじゃない気がするんですよね。

 

まあ農業だけに限らないんだけど、仕事に信念とか理念をもって真摯に取り組むってのがかっこいいじゃないですか。

もちろんグリーンリバーの社員はしっかりとした理念の元に農業を扱っていると思うんですが、ハウスを買った側の企業はどうなの??と思うワケ。

 

誰でも簡単に稼げる!に飛びついてるわけで、農業に飛びついているわけでは無いというか。

それで農業やってます!みたいな顔されんのも癪だなあというか。

 

例えばトヨタの株に投資している人が「俺は車関係の事業扱ってるんだぜ。」と言ったら、トヨタ社員とかはモヤモヤすると思うんですよね。

まぁ、あながち間違ったこと言ってもいないと思うんですが、現場で汗水たらして働いてる側からしたら同列に語ってもらいたくないような気持ちになるわけで。

 

どうせ農業に関わるんだったら投資して収穫するだけじゃなくて、毎日ハウスに足運んで野菜の生育を自分の目で見て、それから収穫したほうがもっと農業の面白さがわかると思うんだよなー。

 

全量をグリーンリバーが買い取るってのも、結局生産だけをする子会社的な感じになっちゃうんじゃないの?とか思ったりラジバンダリ。。。

 

結局のところ

とどのつまり良いの?悪いの?って聞かれたら、良い!と思います。

 

グチグチ書きましたけれども、農業に興味を持つきっかけにはなるだろうしね。

僕にはこの発想はできないので素直にすごいと思います。

 

そして農業を通じて幸せになりたい。幸せにしたいという思いは共通だと思いますので、これからも注目させてもらおうと思います。

 

そして僕はできる範囲で頑張りたいと思います。

 

以上!

んじゃ!

 


農家ランキング

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

コメント